自分と違う価値観を知ろう

生年月日統計学セミナー


こんなことでお悩みの方

  • パートナー(夫婦・恋人)の考えが分からない。
  • 自分自身が分からない。
  • 上司(部下)の求めていることが理解できない。
  • 家族の理解が得られない。

 

 

生年月日統計学とは?

人には色々な価値観があり、価値観は思う以上に違いがあります。

 

その違いが悩みを生み、詳しく言えば「相手も自分と同じ考え方や常識を持っている」と思う事が原因です。(みんな価値観は同じだと思っている)

 

ではどうしたら、相手の常識や考え方が分かるのか…?

そんな時に手助けをしてくれるのが「生年月日統計学」です。

この統計学は人の価値観(素質)を目に見えるデータにして表しています。

 

古くは、王様や皇帝が使用していた帝王学に由来します。

 

この帝王学を使い「人と人が思いやれる知識」が生年月日統計学のデータとして至っています。

 

統計学は価値観、行動特性などをデータ化しているのでその人がどう思っているのかを予測することが出来ます。

 

つまり「相手の考え方」や「望んでいること」が予想できるのです。

 

相手の思いがわかるなら、相手の事をもっと知ることが出来ると思うのですよね。

 

知ることができるのなら、相手の理解しやすい「言葉がけ」や「表現」を押さえたうえで、相手に対してどう伝えるか、どう伝えたらその人への理解にしてあげられるのか、寄り添った行動できるのです。

受講してこんなことが解決しました。

  • パートナー(夫婦・恋人)での喧嘩がなくなった。
  • 自分のことを認められるようになった。
  • 上司・部下への説明や指示が的確になり、コミュニケーションが円滑になった。
  • 家族が自分を認めてくれるようになった。

講師プロフィール

今井 隆文 

「生年月日統計学アドバイザー」 

岐阜県出身

 

2007年に「生年月日統計学」(以下統計学)と出会う。

アドバイスの実践、研究を重ねるうちに、統計学が人に希望や癒しを与えられるものだと気がつく。

現在は「統計学」を使い、個人セッションやアドバイス活動を行っています。

座右の銘は「誰かの為にではなく、誰かを思って」

詳細

▪️日時
2017年11月29日(水)
19:00〜20:30

▪️料金
2,500円(お茶付き)

▪️講師:今井隆文

▪️お申し込み
フォームよりお申し込み下さい。

※3日前までの事前予約で
生まれ持った価値観、行動特性がわかる
パーソナル診断シートプレゼント