BLACK ワークショップ

2020年2月9日のワークショップは終了しました。
次回は4月12日(日)開催予定です。

「描く・繋ぐ」

異ジャンルパフォーマー集団『BLACK』が開催する、ワークショップ。今回はコーポリアルマイムパフォーマーの古田敦子とモデルの優子がタッグを組んでお送りします。

二人が表現する上で大切にしている「描く・繋ぐ」をテーマにした身体表現のワークショップです。

経験ジャンルなど不問です。表現未経験者も大歓迎です。


日時

2020年2月9日(日)11:30〜17:30

 

参加費

一般:11,000円(税込・お弁当付き)

学生:7,700円(税込・お弁当付き)


BLACK MEMBER

田中秀彦

(iroNic ediHt DESING OHCHESTRA/演出家/コスチュームデザイナー)

 

数々の舞台、ファッションショー、写真、映像などのアートディレクションや演出、衣装デザインを手がける。身体表現にこだわったドラマティックな演出は、見る側だけでなく演じる側にも感動をもたらす。モリエールやシェイクスピアなどの外国語原作戯曲を独自の美意識で舞台化するなど、固定概念にとらわれない自由で発展的な創作を提案し続けている。演じ手に「宿題」をだすように演出をつけたり、人が持てるパワーを予想の域を超えて引き出す芸術家。

 

古田 敦子

(コーポリアル・マイム/ミーム・コーポレル・ドラマティック アクター/同インストラクター/いいむろなおきマイムラボメンバー)

 

マイム俳優いいむろなおきの下でマイムに触れ、コーポリアルマイムの存在を知り単身渡英。ロンドンの国際コーポリアル・マイム学校へ入学、首席卒業、ディプロマ(専門免許)を取得し帰国。いいむろなおきマイムラボメンバーとして、またソロアクター、インストラクターとして舞台やイベントなど多数出演、国内外にて活動中。技術に裏打ちされた美しい表現は、見る者の想像力を掻き立てる。

 

森下美樹

(WeedSoulProject/ダンサー/振付家)

 

母の影響で16歳からジャズダンスを始める。CM出演やコンサートツアーダンサー、コンテスト受賞、数々の公演を経験し様々なスタイルを追求しつつコレオグラファーとしても活動。2001年からN-TranveFish公演出演。2004~2008年jadeとして活動。2010年にパフォーマンスユニットWeedSoulProjectを立ち上げ、数々の舞台やイベントに出演。ステージでのパフォーマンスは見る人の心を打ち、感情を動かす。

中井乙希

(ウォーキング講師/カラー骨格コーディネイター/身体表現)

 

関西や三重等にてウォーキングレッスンを開講。その他マナー講座やカラー診断など女性を応援する教室を各地で開催。学生・子育てママ・シニア世代まで幅広い支持を得ている。

第1回ミセス日本グランプリファイナリスト。

舞踊の経験も持ち、ダイナミックで艶やかの表現力の持ち主。

レッスンでは人の持つ存在感を引き出す魔術師。

優子

(STUDIO HF主宰/モデル/ウォーキング講師)

 

身長182センチの長身を活かし、コレクションなどで活躍。20年のモデルキャリア・15年のウォーキング講師歴の中で服を表現することを研究し続ける職人気質。

レッスンではモデル体型のイメージとは裏腹に、親しみやすいキャラクターで一人一人と向き合い、的確なアドバイスを行っている。

 

 


過去のパフォーマンス

2018年5月『sen-se collection』で行われたパフォーマンス。

『記憶の曖昧さ』をテーマにジャンルの違う身体表現がぶつかり合います。

2019年11月@ほそかわエアーミュージアム